卓球の男子団体準々決勝で日本は香港に3―1で勝ちました。

丹羽孝希選手、水谷隼選手、吉村真晴選手、

4年前とメンバーは違いますが、

香港に勝つことができて、本当に良かった!


水谷選手がメダルを取ったおかげで注目されて

4年前より放送時間が増えて本当に嬉しい限りです。


そして


15日の準決勝でドイツと対戦。

日本時間では明日16日です。






3連覇を目指す中国は韓国と当たります。


ここまでくるとどの国も本当に強い。

中国・韓国・ドイツは卓球王国です。

本当に強い…

しかもドイツは水谷選手が卓球のために留学していた国です。





ああ、ドイツといえば

日本対ドイツの試合を見て

男子卓球を応援するようになったきっかけの国です。




私がここまで男子卓球に入れ込むことになったのは

8年前の北京オリンピックのこと。

たまたまTVをつけていたら男子卓球の団体戦を放送していたのです。

しかも準決勝で日本対ドイツ。

明日の対戦と同じ組み合わせですね。



この時、日本はすごくいい試合をしていました。

8年前、水谷選手はダブルスもしていて

相手の岸川聖也選手もいい選手でした。

本当に息ぴったりで、見ていて安心できるダブルスでした。

水谷選手と岸川聖也選手は、一緒にドイツへ留学していました。

まさしく「同じ釜の飯を食う」仲だったのでしょう。


f:id:yorokagura:20160815224315j:plain



結果から先に言うと2−3でドイツの勝ち。

ですが、これがすごくいい試合をしていたのです。

「もしかしてメダルいける?」と思わせるほど。

ドイツが先に2試合取り、日本が追いかける形で2試合を取り返す。

そこへ5試合目の勝負!

これも2−2まで接戦でした。

相手は強豪ドイツ!のヒーロー

ティモ・ボル選手。

日本は岸川聖也選手。

水谷選手は2試合目にボル選手と当たり、試合を落としています。



ここは岸川聖也選手に大きなる期待がかかる。

しかしボル選手相手に引けを取らない試合。

すごく落ちついて試合をしていました(そのように見えた)



そこからです。

男子卓球に夢中になりました。


f:id:yorokagura:20160813164659j:plain


水谷選手と岸川選手がいたら日本男子はもっと強くなる。

彼らが日本を引っ張っていく存在になるだろう。


ドイツとの試合を見て、そう思いました。



今回は岸川選手はいませんが、

水谷選手がいてくれます。

8年前より大きな存在となって。

明日が楽しみです。




8年前の北京オリンピックのあの感動とは

また別の感動があるのでしょうか?




準決勝。

日本対ドイツ




あの迫力ある試合を見せてくれる日本男子にエールを送ります。







決勝進出!!!

やったー!!

おめでとうございます!

強豪ドイツに勝った!!!